貿易事務の大変なところ|役立つ情報が満載!貿易事務の転職を考えている方へ

貿易事務の大変なところ

鞄を持つ人

責任が大きい

貿易事務の仕事で最も大変なところは、「責任が大きい」ことです。貿易事務のミスが、会社の大きな損失につながることもあります。やりがいが大きい分、失敗はしづらい仕事です。

トラブルが多い

貿易事務の仕事の取引先は国内ではなく、国外の会社です。そのため、言語の壁や文化の違いから、国内の会社と取引するよりもトラブルが多くなる傾向にあります。トラブルに対応できる技量と準備が必要になります。

スピード重視

貿易事務の仕事はスピード重視でもあります。資料や必要書類作成などには丁寧さも必要です。しかし、貿易の仕事は、早く仕事を終らせることができないと次の仕事がどんどん溜まってしまいます。貿易事務へ転職したい方は、これらの点をしっかりと意識した上で転職活動を行うことが大切です。

英語が活かせる仕事ランキング

no.1

貿易事務

英語が使える仕事堂々の第一位は「貿易事務」の仕事です。貿易事務は、海外とのやり取りが欠かせません。英語による業務連絡や資料の作成など、英語で仕事を行う場面が頻繁にあります。

no.2

コンシェルジュ

英語が活かせる仕事第二位は「コンシェルジュ」です。高級ホテルにはなくてはならない存在で、国内はもちろん、海外からのお客様の要望に期待以上の対応をすることが求められます。

no.3

商社マン

三番目に英語が活かせる仕事が「商社マン」です、外国と日本をつなぐ商社マンは、英語を最低限使えないと会社で活躍することはできません。高い英語力と知識が求められる仕事です。

no.4

留学カウンセラー

英語が必要な仕事第四位は、「留学カウンセラー」です。留学希望者が問題なく留学にできるようにサポートしてあげる仕事です。留学先と連絡を取り合うときに英語は絶対に必要です。

no.5

ツアーコンダクター

五番目に英語が活かせる仕事が「ツアーコンダクター」です。海外からのお客様との対応は、中国語や韓国語も使用しますが、英語も欠かせません。お客様に快適な旅を送ってもらうために高い英語力が求められます。