貿易事務の面接|役立つ情報が満載!貿易事務の転職を考えている方へ

貿易事務は多くのスキルが必要

転職前にあらかじめ身につけられるスキルは身につけておきましょう。貿易事務は、仕事が始まっても日々勉強することでずっと学び続けることができます。

貿易事務に必要なスキル

書類作成スキル

貿易事務は、名前の通り事務関連の仕事です。そのため、書類の作成はメインの仕事になります。PCを操作して、書類を正確に早く作られるスキルが求められます。書類作成のための知識も欠かせません。

英語スキル

貿易事務の仕事は、世界とコミュニケーションを取らなければならない仕事です。世界共通語として英語のスキルは必須になります。読む・書く・聞く・話すの4つのスキルを身につけるようにしましょう。

時間管理スキル

貿易事務は、海外を相手にする仕事なので、時差についての認識が必要です。また、必要な手続きを必要な時間までに終わらせるスキルも必要です。時間管理スキルは、貿易事務では重要な要素の1つになっています。

正確性

貿易事務の仕事は、やりがいが大きな分、責任も大きい仕事です。書類作成や相手先との取引のときに間違いがあってはなりません。地味な作業を続けても常に正確に仕事を終わらせられるスキルが求められます。

コミュニケーションスキル

貿易事務は、海外のスタッフや社内のスタッフとコミュニケーションをとる機会が多くあります。事務作業のスキルだけではなく、円滑に確認や連絡業務ができるコミュニケーションスキルが必要です。

貿易事務の面接

シャツとネクタイ

前職の仕事内容について

転職で貿易事務の仕事を希望した際に面接で必ず聞かれることが前職の仕事内容についてです。貿易事務経験者はこの時に有利ですが、未経験者の方は、前職で培ったスキルや経験をどのように活かせるかアピールしましょう。

コミュニケーション能力について

面接では、コミュニケーション能力があるかどうかもチェックされます。貿易事務の仕事は、社内のメンバーはもちろんのこと、海外のスタッフともやり取りする機会が多いのでコミュニケーション能力は必須のスキルです。面接でしっかりと質疑応答ができるか、予期せぬ質問でも適切な答えを出すことができるか、あらかじめ対策しておきましょう。