貿易事務に必要な資格|役立つ情報が満載!貿易事務の転職を考えている方へ

貿易事務に必要な資格

ウーマン

通関士試験

通関士試験は、国家試験です。貿易事務員として働くために有利になる資格の中でも難易度の高い資格といえます。しかし、この通関士試験に合格すれば貿易事務員として大いに活躍することができるでしょう。

貿易実務検定

貿易実務検定とは、その名の通り貿易の実務に関する知識を試すことのできる検定です。難易度の低いC級から難易度の高いA級まであり、貿易に関する資料作成方法、法律などの問題が出題されます。

貿易スペシャリスト試験

こちらの貿易スペシャリスト試験も貿易実務検定のように、貿易に関する問題が出題される試験です。3級から1級まであり、1級のレベルは中級応用レベルとなっています。貿易事務に転職して活躍したい方には最適な試験といえます。

貿易事務で身につくスキルベスト3

no.1

英語力

貿易事務で仕事をした時に身につくスキル第一位は「英語力」です。毎日のように英語を扱う仕事なので驚くほど英語が上達します。プライベートでも、身についた英語スキルに助けられることが多くなるでしょう。

no.2

貿易に関する専門知識

英語力の次に身につくスキルが「貿易に関する専門知識」です。貿易で経済が成り立っている日本では、貿易に関する知識は身につけておいて損はないといえます。

no.3

事務処理能力

貿易事務で身につくスキル第三位が「事務処理能力」です。貿易事務のほとんどの仕事は事務処理です。パソコンを操作する力や資料を作成する力も身につけることができます。

未経験でも働ける仕事

貿易事務は、一見難易度の高そうな仕事ですが、実は未経験でも働くことができます。あらかじめ資格を入手しておいたり、スキルを磨いておいたりすることで採用される可能性は高くなります。